So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

良い経験 [10歳~]

中学受験をしつつも塾へは通っていないハツ、六年生の夏は祖父母の家に三週間おりました。
私が向こうで仕事だったということもあったし、塾もないし、自分でやれるだけやるってことで、行っちゃいました。
勉強のことはさておき(いいのかw)、何より良い経験になったと思うのは祖母との暮らしです。
私の母であり、ハツの祖母である彼女は、たばこは吸う、酒は飲む、さらにお姫様育ちで年もとり、自分の思い通りにならないとイライラ、性格はせっかちでお節介……という、なかなか厄介な人物。悪い人間ではないのですが、私も幼いころから彼女と接するのは苦手で、高校卒業したら一秒でも早く家を出てやると心に決めていたものです(実際、卒業とほぼ同時に出ました)。
父親は仕事で行ったり来たり、母は仕事で午前中ずっと不在、姉と弟はクラブでお友達と過ごす……しかし自分は受験勉強のためクラブへ行かず、家で勉強、という三週間。
図書館へ行けばと行ったりもしたのですが、ちょっと古い図書館、一度は行ったもののちょっと怖くて苦手だったよう。勉強にも集中できないようで、それ以降は行かなかったようです。
食事の支度を含め、家事ではずいぶんと働かされたようで、母(ハツの祖母)は「頼りになるのよ~」と嬉しそうに言っていましたが、ハツは「もうホント疲れた」とよろよろでした。
とても気を使う性格のハツ。優しい子で、母の「美味しいでしょ~?」攻撃にも「とっても美味しいよ! ばぁばはやっぱりお料理が上手だね!」と上手な返し。私が「これ、目分量でしょ(軽蔑気味)。私は一度失敗してから絶対軽量することにしてるのよ(いじわる)」と言っても、「目分量でできるんだからやっぱり上手だよねえ」と持ち上げる。さすがや……。
けれど、ハツは適当に切り上げることや、ちょうどいい加減に手を抜くことが難しいのです。いつだって全力。なので、疲れ果ててしまいます。
友達の家族が来ていた時も、小さい子と遊んであげて、楽しい事は楽しいけれど、疲れ果てていました。姉のミノはいつの間にかいなくなっていたりして、適度にすり抜けて息抜きをしていたようにも見えましたが、ハツは疲れ過ぎて、「一緒に寝たい♡」というちびちゃんに「無理!」と言って泣かせてしまっていました。そんな風になってしまうほど一生懸命相手をしてあげたんだよね。ほろり。

小さな子にしても、「ばぁば」にしても、ハツは大好きなのです。だから一生懸命。でも、疲れちゃう。自分も大切にしながら、ほどほどに……ということが出来ないんですね。
そんなわけで、色々なことを頑張った夏でした。
帰ってからしみじみと、「家族だけって……素晴らしいね!」と言っていました。うんうん、そうだよね。笑
そして、「家族で過ごすことのありがたさが改めて分かったよ」とも。
これは素晴らしい気付きだったと思います。
家族だけで過ごしていたら、他人の難しさやこの夏に経験したような疲れは分からなかったでしょう。
そういったことが経験出来ている方が、社会に出た時、楽だと思います。
鉄は熱いうちに打て、なんてことも言いますが、辛い思いをするなら若い内がいいのかなとも思いました。辛い思いをしても、親がフォローしてあげられるしね。
知らない人と過ごす、家族でも、いつもは一緒に暮らしていない人と過ごす、そういった経験が出来て、ハツにとってこの夏はまた一つ貴重な経験を積むことが出来た素晴らしい時間になったのではと思ったのでした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。