So-net無料ブログ作成

学校つまんない [タン 5歳~]

息子、一年生の二学期で言い出しましたよ、「なんでべんきょうなんてしなきゃいけないの~」と……。

長女は勉強ができた方で。
五月生まれだったから、人よりできる、という成功体験をちまちま積み重ねてきてて、自信もついてた。
女子だからか、字にも小さいころから興味あり、でも教育系幼稚園じゃなかったから、学校上がってようやく勉強できる! と意欲も十分。
しかも、彼女の学年はまだ「ゆとり」世代。ほぼ最後、くらい。
教科書も薄く、「時計」を習うのは二年の一学期でした。自分の時と比べてあまりのぬるさに目をひん剥いたくらいだったな。私立と(学力向上にあまり熱心でもない)公立との差もあったんでしょうが。
そんなわけで、三年生のころには、「学校の勉強なんてつまんない。もっとやりたい、もっと知りたい」と言うくらいになってました。
生まれつきの性格としても、知らないことがあるのは嫌いだしなー、ミノ。

次女であるハツはといえば、勉強が好きなわけでもないけど、彼女の行動指針は「ミノと同じ」かどうか。いつでも真似っこさん。
二月生まれで、学年の終わりの方ではあるけれど、いつでも気持ちは一学年上。ミノが出来ることは私も出来る、ミノが行くところに私も行く。常にその精神で二人寄り添って、双子のように成長してきました。
だからまあ、勉強はそこそこできた。
そして五年生の時、「ミノが塾に行ってるから、私も行きたい」と言い出しました。
ミノと同じ塾は入れなかったけど(とてもじゃないけど……)、近所の塾で楽しそうにやってます。

ところが。

タンはねえ……。
四つ離れてるから、上の影響は受けにくい。上二人は女の子だし、びったりくっついてるし。
末っ子だから、いつまで経っても「家で一番小さい子」扱い。つまり、出来ない子、なんですよね。
さらに、三月生まれ。成功体験が少ない。舌ったらずで、「タンって何言ってるかわかんなーい」と言われて育ちました。
親も、ついつい可愛がっちゃって、出来るようになれ! なんて厳しくしなかった……可愛いし、いいんじゃない? みたいな。
さらに言えば、男の子ってのはこう……字に興味もなくって。きれいに字を書きたいとかないし、同じ字を繰り返して書くことも嫌い。


そんなわけで、冒頭の言葉ですよ。

「なんで勉強なんてしなきゃいけないの」
「学校つまんない」

あーあーあーあー……そうなっちゃったかあ。
勉強ってね、これからアンタ、12年くらいは付き合っていくものなんですよ。
別に出来のいい子になれとは言わないけどね。
楽しめなかったら辛いよ~。
楽しいなって思えた方がいいよ?

……と、そうは言ってもね。

今現在、つまんないんだって言ってる子に、どう伝えたらいいんでしょうね。
知らないことを知る楽しさ。
出来なかったことが出来るようになる達成感。
人より上手にできたとかっていう優越感も。
そういうものを積み重ねないとなあ。

しょうがない、しばらくは褒めて褒めてほめちぎりますか。
「『や』の字、前は『か』だったけど、上手になったねえええ! 天才じゃん!」
「このページの足し算、全部合ってるじゃん! すっごおおおおおおいい!!」
「タン、勉強できるねえ! すごいねえ! 字もきれいになったねえ! 天才天才!!!」


……つ、疲れる。

三人目ってどうしてもこう手を抜くというか、おざなりになってしまいがちで、今更こういう全力で持ち上げる! みたいなのって面倒っていうか、疲れるっていうか……やれないんですけど。
でも、タンのためだ。
母ちゃん、がんばるよ。

タン、すごおおおおいい!! 天才~!!!

……ぜぇ、はあ……。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

人に左右される [ハツ 5歳~]

ハツ、10歳7ヶ月。5年生です。

昨日のこと。
ミノは学校も休みで塾もなくて家にいる日でした。珍しい。
で、タンも家にいると、ミノが勉強に集中できないし、タンも静かにしろだの邪魔するなだの言われてストレス、挙句テレビばっかになっちゃったりする。
ので、タンはお出かけすることにしました。こーさんが消防博物館に連れて行ってくれるって!
ハツはどうする?
「勉強する」
偉い。多分だけど、その方がいいだろうなって思ったんだよね。

出がけ、ドアが閉まる直前にタンが「ちゃんまーも来てよ~」と。
「そんなこと言わないでよぉ」と凹むハツ。

自分で行かないと決めたなら泣き言言わないの、と言い聞かせましたが、ぐずぐず……。
なんだか部屋へ行って泣いたり、5分くらい経ってもえぐえぐ……なんなの! もう!
なんで今さら言うのよ。

「だって、行かないって言ったから……」

行きたいの?

「行きたいけど……もうお父さんたち出かけちゃったから間に合わない……」

行けるかどうかじゃなく、行きたいかどうかだよ、問題は。

「行きたい……」

じゃあ行けッ! もう! 面倒だな!!

「でもでも」

うるさいよ。お父さんに電話して「待って」って言えばいいことじゃない。

「じゃあ行く……!」


というわけで飛んでいきました。
なんなんですかね。うっとおしいとか言ったらよくないけど、うーん。
本人は本人で、それなりに色々考えてるんだろうけどね。
まあ、何はともあれ行けて良かったね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

口数が少ない [タン 5歳~]

統計として出ているのかどうか知りませんが、男の子の方が口数が少ないと言われている(通説とされている)かと思います。
もちろん、よくしゃべる男の子もいるし、無口な女の子もたくさんいますが、全体として男の子の方が言葉を使わない、思考や感情を外に出さない傾向があるように思えます。

この傾向、うちの子三人にはばっちり当てはまります。

長女はおしゃべりですし、次女もよくしゃべります。
事と次第を微に入り細に入りそこまで説明いらんわってほどしゃべります。
ところが息子はまあしゃべらないこと!
滑舌が悪く、発音がうまくないから、何か言っても「え?」って聞き返されることが多く、結果しゃべらなくなる、ということもあるかとは思います。
それを加味しても、しゃべらない。
何があったか聞いても「分からない」「覚えてない」です。
興味がないんだと思いますね。
それより前を向いているという印象です。

昨日は、帰ってくるなり「今日はRくんちに行く!」と言いました。一学期はあまり好きではなさそうな素振りを見せていた子だったので、へえ、良かったねと思いました。
約束したの? と確認すると、した、家に行く、と。
宿題をやり、図書館に返すべき本も忘れて飛んでいきました。

一時間後。
そうだ、空手があるのを忘れていた。本人も覚えていないだろう(夏休み三週間休んでるし、曜日感覚もまだ身についていないため分かってない、が正確かな)。
Rくんのお母さんにLINE…ぽちぽち。
え、来てない? 約束も聞いてない。Rくん自身はMくんと児童館へ行くと出て行った。なるほど。
一応、仲良しのJくんのお母さんにも聞いてみる。けど、恐らくそっちはないな。
直感的に児童館へ。
……いた。
やっぱな。

「行き先を変えるときは、必ず家に戻って、お母さんに伝えなさい」
「そして今日は空手なのでもう帰ろうね」
不服そうな息子に「言わなかった私も悪かったよ」と謝りつつ、連れて帰りました。

本人の言+推測で、事の経緯は以下と思われます。

RくんとMくんは児童館へ行くつもりだった。
タンがそこへ割って入り、Rくんちへ行きたいと言った。言っただけ。約束はできていない。
出かけるところだったRくんMくんに遭遇。
家に行きたいと再度申し出た。
Rくんは児童館へ行きたいために、じゃあ児童館の後でね、とかなんか言った(たぶん)。
タンは仕方なく児童館へついていき、Rくんの帰宅を待っていた(児童館のあと、Rくんの家で遊べると思っていた)。

まあ多分、こんなとこでしょう。
残念だけど、Rくんはおうちで遊ぶタイプの子じゃないと思うし、彼の家に上がるのは最初から無理だったんじゃないかなー。
お母さんとはLINE知ってるし、うちで一度ランチはしたことあるし、話はそこそこ通るけど、まだそこまで仲良しってほどじゃないんだよね。
赤ちゃんもいることだし、上がるのは止めといた方がいんでないかい? という感じ。
今日どんな展開を見せるか楽しみです。

でも、行き先が分からなくなるのはマジで問題なのでやめてね。
帰り道を変えたりもしないでくださーい。
お友達がみんな行っちゃうのに一人で「つまらないいつもの帰り道」が嫌なのは良く分かるけどね……うーん、ここはちょっと難しい。
学校と家の間、って分かってるなら、まあ少しくらいの寄り道や別の道を通ることも黙認するかな。
でも遊びの行き先はダメです。
地震でもあったら、どこへ迎えに行けばいいか分からないからね。生死を分けることもあるので、そこは譲れません。
気を付けるように。ってここで書いても仕方ないけど。笑
本人にも言い聞かせたけど、どこまで理解しているか……やれやれ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

難しい問題 [タン 5歳~]

難しい。

タンが、お腹痛いとか言うのです。
お昼の時に痛くて、それはたぶんプールで寒くてちょっと痛かっただけかと思うの。
でも「今は平気だけど、蹴られたら痛くなっちゃうかもしれないから……(=行きたくない)」というのを見て、どうしたもんかと思う。

甘やかすことやわがままを許すことと、子どものSOSが出ているのを無視して無理にやらせることは明らかに違う。

これは正論。
結果として、それは「全然違うこと」になる。

けど、問題は。

ごくごく初期の段階では見分けがつかないってこと。

「いきたくなーい」
「もう習い事やめる~」
これが子どものどういうメッセージなのか、即座に分かる人はいないと思う。

我がまま言うんじゃありません。あなたがやりたいって始めたことでしょう。最後までがんばりなさい。
そういう親もいるでしょう。

嫌なことあったの? 無理にやることないよ。今日は嫌なら休もうか。
そういう親もいるでしょう(どっちもちょっと極端だけども)。


子どもは無意識で、自分が本当に辛いのかどうか分からないことも良くあります。
後から考えればあれはSOSだった。そういうことは多々。

親なら分かるでしょう。
そんなの幻想です。
毎回「これどうなんだろう」、そう思っています。

習い事も、学校も、私が通ってるわけじゃないし、ずっとついて見ているわけじゃない。
そこで何があったのか、見てたって完璧に分かるわけじゃない。
先生やお友達に言われたほんの一言が(相手の好意によるものであっても)子どもを傷つけることはままあるし、同じ言葉に耐えられる子もいれば無理な子もいる。
辛くても、ちょっと頑張って、無理をしても、それで乗り越えて自信をつけて、強い子になっていくこともあるでしょう。
でも周囲の目を気にして辛いと言い出せず、頑張った挙句壊れてしまう。そんな話もよくありますよね。

子どもが「いやだ」と言い出した時。
親はそれをどう受け止めるべきなのか。
これは本当に難しい問題です。

親もただの人間だし、子育てはいつだって体当たりで、特に最初の子はいつだって新鮮な問題をもってきます。
もちろん、二人目以降の子だって、一人目とは性格も置かれた環境も違うのだから、一人目の時の判断がそのまま適用されるわけじゃありません。
間違えることは確実にあります。
不安です。

でも、「親」って仕事は、自分の判断に自信を持ってやらないといけない場面も多いように思います。
だって親が自信なくて、いつも「これでいいのかな」「間違ってるかも」「どうしようどうしよう」って言ってたら、子どもも心配になっちゃうと思うから。
「大丈夫よ。お母さんを信じて。安心してついてらっしゃい」
そんな風な態度でいてあげたいと思うのです。
でも。
内心はいつだって「これでいいのかああ?!?!?!」です。

一つだけ自信があるとすれば。

いつだって一生懸命考えています。
間違えたら、謝って、直したいと思っています。
努力して、いい親でいたいと思っています。
子どもが欲しいと言わなくても、たくさんの愛を与えたいと思う。
多少はウザがられても、大人になってから「愛されてたんだな」って思い返してほしいから。
逆に、例え子どもに嫌がられても、大切なことは言いたい。
嫌な思いをしたり、我慢したり、理不尽な目に遭ったり。そんなことも成長だと思うから。
そんな風に色々考えて、いつも「一生懸命」やっています。
それだけは自信がある。

いつだって間違えてるかもしれないと不安です。
今日の「お腹痛い」を、私は「大丈夫よ、行ってらっしゃい!」と言いました。
久々でちょっと引っ込み思案になってるだけだと思ったから。
でも、間違えてるかもしれない。
もう空手は辛くて、楽しめなくて、辞めたいと思っているけれど、親が喜んでいるから言い出せないだけなのかもしれない。
そんな不安がずっと付きまといます。

今はまだ話せない。
こんな弱い私をさらけ出せません。

でも、いつか。

いつか、大きくなった息子や娘たちが、このブログを見て、この記事を読んで、お母さんも悩んで迷って、でも一生懸命やってくれたんだな、と、思ってくれたらいいな。
間違えてたらごめんね。
きっとたくさん間違えてるよね。
あなたたちに、嫌な思いもさせてるよね。
ごめんね。許してください。
なるべくあなたたちの無言のメッセージを受け止められるように、これからも精進するからね。
いつだって大好きだし、愛しているよ。

今日のご飯は麻婆豆腐ナスだよ。
ナス嫌いな人も、豆腐嫌いな人も、美味しく食べられるようがんばって作るからね。
他にも食べられるものも用意するからね。
家族そろって、美味しく楽しく食卓が囲めますように……。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

夏の勉強 [ハツ 5歳~]

学校の宿題はほぼほぼ終わった。
塾の課題が全然おっつかない。
算数のテキストとノートはあるが、答えがないと探し回ってる。何分かかるんだろうね。
てゆーか7/17に一緒に答え合わせして以来答え合わせしてないからだよね!ないの![むかっ(怒り)]
あーほんと腹立つむかつくきいいいいー![ちっ(怒った顔)][むかっ(怒り)]
ストレスが......!
一昨日、体重が落ちて喜んだのもつかの間、この二日で1.3kgも増えちゃったのね。
だけどストレス解消のために甘いものが食べたくて仕方ない。
あー......誰かぁ[泣き顔]
あの子に効率のよさとかバランス取りとか色教えてやってえええ!
そして算数の答えを見つけて[もうやだ~(悲しい顔)]

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

マイムマイム [他]

どうでもいい話だけど……。
六歳の息子が「マイムマイム」を習ったらしい。家で歌っている。
あれ、早すぎて「マイマイマイマイ」となるのは皆さんお分かりのことと思う。

息子が突如、「ウシロウシロウシロウシロ……っていうのはどう?」と言い出した。

本人の頭の中では「前前前前」→「後ろ後ろ後ろ後ろ」という変換だったらしい。
すげえ面白いwww
「マイムだよ」と教えたら「ウシロムウシロムウシロムウシロム」と歌い出した。語呂わるっ!www
でも面白い。
おかげで今、うちでは「ウシロムウシロムウシロム……まいむべっさんそん!」が大流行中である。
本当に面白い。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

写真~! [タン 5歳~]

幼稚園の時の写真屋さんがとってくれていた写真、ネットで注文できる方式なんだけど、閲覧期限を忘れてた……。
やってもーた。
去年度の写真はもう見られねえ~。せめてスクショだけでもと思ってたのに忘れてたあああ!
夏の年長キャンプまでしか保存してないや。
秋以降のイベント、運動会も学芸会も卒業式も、みーんな、ない。
とほほ……。
ごめんよ、うっかり母ちゃんで申し訳ない!><
こーさんと私が撮った限りの写真はあるからそれで勘弁してくれろ。
プロの写真がなくてすまぬ。
しかしまあ……うちは写真についてはあまり頓着しない家だからねえ。
思い出は心の中にきちんとしまってあるからね。←言い訳がましい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

親友との別れ [ハツ 5歳~]

ハツ、10歳5ヶ月。小学5年の夏。

三年でクラス替えがあって、知り合った友達。
四年になってからはもう本当にずっと一緒にいたと思う。毎日、放課後、遊んだ。
五年でクラスが別れても、よく遊んだ。
その友達が、転校する(正確には両親の国に帰る)。

一緒に遊べるのは昨日まで。今日は夕方、出かける前に挨拶だけ、とのこと。
昨日は午後中二人で遊び、夜は別の友達にも誘われておうち花火を。8時過ぎまで遊んで、帰ってきて、お風呂に入って部屋へ。

……泣きました。

〇〇ちゃんがいない学校なんて行きたくない。
〇〇ちゃんがいなかったらどうしたらいいの。
はーちゃん、独りぼっちになっちゃう。

そうだね。そうだよね。さみしいよね。
その気持ちは良く分かる。
でも、死んじゃうわけじゃないから大丈夫。会いに行こうね。遠い国まで会いに行こう。
テレビ電話も繋いであげるし、手紙も書こうね。
学校に友だちいなくても大丈夫。家族もいるし、学校だけがすべてじゃないし。

そんな話を延々として、何とか慰めました。
きっと、きっと会いに行こうね……。
でも、ハツにそんな大事な友達ができたことは本当に良かったと思っています。
願わくば、大人になっても友情が続きますように!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

切り替えが早い [ハツ 5歳~]

ハツについては愚痴を吐き出す場所になっているかのような投稿が多いのですが(嘆息)、いいところももちろんあります。
素直だし、優しいし、子供らしくて、いい子なんですよ本当に。
今日はそんなハツのいいところを特集しようかと。←何の企画ですか。

頭の回転がものすごくいい時と、まっじっで!! 遅い時と、そのギャップがめっちゃ大きいハツです。
分かるとすぐに「あっ、はーちゃん分かった」とか言って、それはそれはすごいのです。
算数の計算とかも、早すぎて、私が彼女の頭の中の途中式が理解できないうちにもう答えているということが時々あります。すごすぎると思うんだけど、遅い時は十時間かけて「割合」が分からなかったりもする。極端なんだよなあ……とほほ。

そういう事がうまく機能すると、切り替えが早い、という特典があったりします。←特典てw

今まで何百回言っても忘れたり、理解できなかったり、私がどうしたらいいのもお……っ! と頭を抱えるような(そしてブログに「むきーっ!」と書きなぐるような)ことが積み重なって、本当にもう無理なのかもと思うようなことが、ある日突然「ああ、そういうことか」と、いとも簡単にやれるようになったりもするのです。
むしろ腹立たしいくらいの潔さで、自分を変えることができるハツ。
これもハツのいいところなんだと思います。
……ちょっと腹立つけど。 それならもっと前からやれるようになれよとか、何きっかけなんだよとか、今まであんな反抗してたくせにとかいろいろ思うんでございますけどもね。

先日、ナスが食べられるようになりました。
いわく、「はーちゃん、なんで嫌いだったんだろぉ~」ですって。
それまでずーっと「はーちゃん、ナス嫌いだから」で。
何度かトライさせても「うえっ……おええ……っ!」って吐くほどだったのに。
涙まで浮かべて「無理……っ!」って口を手で覆ってたりしたくせに。
今度もどうせ……と思いながら、まあこれちょっと試してみてよと勧めたら、1mm角のナスをちぎり取り(もうなんだかわかんねえよそんなの! とイラつきますが、口に出さない。我慢だ私)、舌の上に、そおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっと乗せ(早くしろよもうどうせダメなんだろああいいよもう分かったよそんなまずそうに試してんじゃねえよムカつくわと思うけど口に出さない。我慢だ私)、「あれっ?」と一言。
数分後には「あーこれほんと美味しい~! ナスって美味しいんだねえ! はーちゃん、ナス大好き♡」って……!!!

なんなんですか! 今までの私の苦労はどこへ?! あんなに嫌いだったくせに!!!

こういったことが、割としょっちゅう起こります。
だからまあ私も、どんなにダメでも、こりずに勧めるようにしてるんですけどね。
ある日突然克服するんだから……。
嘆息。

このように、ハツは扱いが難しいというか、どうにもイライラさせられるのですが、親近感もあるのです。
私も、小さいころ、何度やっても出来なかったことがある日突然できるようになったり、25年以上食べられなかったナスが(!)ある日「あれ、結構おいしいかも」と克服できたり……身に覚えがありすぎるよ…。俺の子、ということか。orz
自己分析の結果、残念過ぎる結論に達したところで今日はこのへんで。

余談ですが、こーさんも「ハツはなあ……俺の小さいころに似てるとこあってな。それじゃあダメなんだよ! と思っちゃって、つい強く叱っちゃったりするんだよな……」と言っていたことがあります。
もちろん、ミノの中にも、タンの中にも、我々夫婦のかけらを見ることができます。
子どもはみんな、どっかしら親に似るのよね。とほほ。(^-^;)

完璧な子どもなんていない。
理想像を追ったりせず、今日もありのままの子どもたちを愛していきたい。
そうすることが、自分自身を愛することにも通じるのかもしれません。
道は険しいけど(笑)、今日も明日も、がんばろうと思うのでした。
おわり。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ベタ [タン 5歳~]

タン、6才3ヶ月。
今朝、ドアのかげに隠れて「どーこだ?」からの「ばあ!ここでしたー!......分かった?!」と、やってくれした。
THE 子ども。(笑)

そしてさきほど、歩道にて、よそ見をしていてポストにボンッとぶつかりました。
「笑わないでー!」

......なんともベタな、いかにも子ども、という事例でした。
ホントにやるんですね、こういうの。(笑)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児